ニキビ跡ができてしまうメカニズムとは

 

みなさんが気になるであろうニキビ跡ができるメカニズムにはニキビができた後のダメージの影響が大きく関係しています。一度炎症を起こしてしまったニキビがその後に受けるダメージで皮膚の深い層へ及んでしまった場合、そうでなかった場合に分かれます。皮膚の深い層までダメージが及んでしまうと周辺組織を破壊してニキビ跡ができやすくなってしまいます。

 

皮膚へのダメージがそれほど大きくなければ自然に時間が経ち、ターンオーバーが行われることで少しずつダメージを受けた部分が体外へ排出されていきます。紫外線による刺激、指でニキビを潰すなどの強い刺激でそのダメージが深い深層まで及んでしまうと色素沈着や赤みとなって肌深部に残ってしまう、コラーゲンの変性、異常増殖をしてしまい凹凸となって跡が残ってしまうことになります。

 

ニキビ跡の種類としてはクレーターニキビ、赤みによるニキビ跡、色素沈着のニキビ跡、毛穴が目立つようなニキビ跡などがあります。これらのニキビ跡はダメージの大きさによって深刻さの度合いが違ってきます。何事にも早期発見、早期対処が必要となってくるでしょう。

 

ニキビ跡ができてしまった場合は根本から対策していく必要があります。それにはコラーゲンの補充。できれば生コラーゲンを補充して対処していきましょう。ネット上には生コラーゲンランキングの記事がたくさんありますので、そのような記事を参考にコラーゲンを選んでいくといいと思います。